中野キュー

【編集部からのお知らせ】絶叫マガジン編集部に新しいメンバーが加わりました!パート2


先月に続いて絶叫マガジン編集部に新たなメンバーが加わり、記者が2人になりました。

これから活躍してくれるのは遊園地好きの中野キュー。彼自身もお化け屋敷サークルで活動していて、学祭や地域の小学校で行われるお化け屋敷を手がけています。これから共にお化け屋敷・ホラーイベントの魅力を追求していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

ごあいさつ


中野キューはじめまして。
絶叫マガジン編集部の新メンバー、中野キューと申します。

 
突然ですが、皆さんはお化け屋敷が好きという話をすると、「どこのお化け屋敷が一番怖くてオススメ?」なんて言う質問された経験無いでしょうか?私はこの質問をされる度に、「〇〇とか〇〇が楽しかったからオススメ!」こんな感じで答えます。

 
正直、お化け屋敷の良さって、怖さだけじゃないと思うんですよ。非日常的な空間で適度な恐怖体験をすることで、お化け屋敷という空間から現実世界に帰還した時に、緊張からの開放感と安心感で、つい口元が緩んでしまう。私はそんなとこにお化け屋敷の良さを求めています。

 
もちろん1人でお化け屋敷に入ることもあります。ただ、私は1人よりも誰かと入りたい派です。中で1人だと怖いからという訳ではなく、お化け屋敷の道中や、外に出てから、恐怖体験を共有したいからです。この共有ポイントの多さこそ、お化け屋敷の楽しさの醍醐味だと思ってます。

 
元々、遊園地巡りをしている過程で、一つのアトラクションとしてのお化け屋敷の面白さに引き込まれた、ということもあり、私は遊園地の中の常設されたお化け屋敷をメインに紹介していきたいと思います。遊園地好きの癖として、回転率やオペレーション方法に注目してしまうこともありますが、どうかお許しを。

 
最後に、たくさんの方に全国のお化け屋敷の魅力を発信し、今まで全く知らなかったお化け屋敷に足を運ぶきっかけになればと思い頑張りますので、応援宜しくお願いします

 
中野キューツイッターアカウント: