萌子(もやし)

【編集部からのお知らせ】絶叫マガジン編集部に新しいメンバーが加わりました!パート5


絶叫マガジン編集部がだんだん賑やかになってきました。

今回加わるのは萌子(もやし)さん。ホラーに限らず活動の振り幅が広く、現在プロのライターとして活躍されています。それだけでも頼もしいのですが、何よりもあの仮面ライダーアマゾンをスプラッタ作品と位置付ける感性にシンパシーを感じざるを得ません。

これから続々と新しいコンテンツを投入していきますので、ご期待ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

ごあいさつ


萌子(もやし)初めまして。
絶叫マガジンGyaaa!!!に新たに仲間に加えていただいた萌子(もやし)と申します。

 
文筆業の傍ら、妖怪仮装、ライブシンガー、アクセサリー作家、陶芸家、占い師、心理カウンセラーとして幅広く活動しております。

 
2歳の頃には既にゲゲゲの鬼太郎の描かれた服を来て妖怪に傾倒し、小学生の頃からホラーコミックスに小遣いの全てを注ぎ込むホラー好きでした。

スプラッタ、エログロ、サイコホラー、和製ホラー、地方伝承、都市伝説、ダークファンタジー、ポップホラー、サブカルチャーなんでも御座れです。

 
お化け屋敷はめっちゃビビりながらも興味に負けて入ってしまいます。

そしていつも怖がらせる手法でなく、装飾品や小物、大道具を見て「ほうほう…」と感心するズレた楽しみ方をしています。

 
普段はライダー界きってのスプラッタ作品である6号ライダーである仮面ライダーアマゾンにその愛を注いでいます。

編集部の6人目になれた事に「アマゾンさんだ!」とはしゃいだのは内緒です。

 
萌子さんツイッターアカウント: