京都タワーお化け屋敷「白怨」

30年ぶりに復活!京都タワーお化け屋敷「白怨-はくえん- 呪いの狐面」ヒヤッとして夏の暑さを吹き飛ばせ!


京都タワーのお化け屋敷が30年ぶりに復活です。

1971年(昭和46年)から17年にわたり、京都タワービルで開催していた「ドッキリ屋敷」。当時は関西初の屋内お化け屋敷として人気を博していました。終了から30年が経過した現在でもお客さんからの問い合わせは多く、その声に応える形でついに今夏、復活することになりました。

京都市街で一番高い地上100mからの美しい景色とともに、夏の暑さが吹き飛ぶくらいのヒヤッとする体験を是非。

 

ストーリー

公式サイトより抜粋

はるか昔の事、一匹の狐が、京の町に降りた。
神の使いとして生まれたその狐は、若い内から強い妖力を身に着けていた。
若さゆえの強い私欲に溺れた狐は、神に仕える事を拒み
狐の妖怪となって、神通力を使い京の人々を襲い、恐れさせた。

そこへ一人の僧侶が現れ、狐の妖怪から魂を抜き取り、
一枚の狐面に封じ込め、箱に収めて清めの札を貼って封印した。
こうして白い狐面は、忌まわしき「白怨(はくえん)の面」と呼ばれ
京の神社に封印され、人々の平穏が取り戻された。

そして現代・・・ある古い屋敷の蔵から、主が一つの箱を見つけ、箱を封ずるように
留められた紙を静かに剥した。

その後、その屋敷に住んでいた人々を見たものは誰もいない…

 

任務(ミッション)

公式サイトより抜粋

屋敷の人々の姿が突然消え、狐の幽霊が出るという古い屋敷。近くにある神社の年老いた神主が言うには「白怨の面」と呼ばれる狐面に封じ込められた、悪い狐の妖怪が、蘇ろうとしているのだという。今なら、「白怨の面」の口に直接「清めの札」を投じることで悪い狐の復活を止めることができる…。

こうしてあなたは、年老いた神主に代わり、呪われた屋敷に足を踏み入れる…。

狐面占い

公式サイトより抜粋

封じ込められた狐は、もともと、恋愛の神に仕える筈の狐で、見る人の恋愛の状況で狐面の色が変わると言われている…あなたが最初に見たのは、何色の狐だっただろうか?

ゴール後に、狐面恋占いを実施します。
お化け屋敷には、何色かの狐面が登場いたしますので、最初に見た狐面の色を覚えておいてください。出口にてパネルが用意されておりますので、おふたりともが初めて見た狐面の色をお選びください。ふたりの相性を狐が占います。

 

開催概要

公式サイトより抜粋

【開催期間】2017年8月1日(火)〜9月3日(日)

【営業時間】平日 15:00〜20:30
      土日祝 12:00〜20:30 (どちらも最終入場20:00)

      ※2017年8月14日(月)追記
      好評につき8月16日(水)より平日は13:00オープンに前倒し

【料金】お一人様 500円
    ※京都タワービル1階の展望券売場でお買い求めください。
    ※未就学児童は保護者同伴とさせていただきます。
    ※3歳から有料となります。
    ※2歳以下のお子様はご入場いただけません。

おトクな展望室&お化け屋敷セット入場券
大人 1200円(定価1270円) 小中 950円(定価1020円)
高校 1050円(定価1120円) 幼児 600円(定価650円)

【チケットのお取扱い】
当日券 京都タワービル1F 展望券売場
前売り券「KBS京都チケットインフォメーション」または「ローソンチケット(Lコード:55327)」
※チケットご購入後の返金はできません。

【主催】京都タワー(京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社)
【企画制作】東映株式会社
【後援】KBS京都

 
詳細は公式サイトをご覧ください。

 
公式サイト:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/obakeyashiki/